3,2,1,どかーん!なぜなに不動産投資!

不動産投資のトップ画像

収入を安定させる為に工夫をする

せっかく自分の不動産を人に貸して、収入を得ようとしているのに、その期待していた収入が安定してなければ、なんだか無駄な投資になってしまいます。そんな事が起きないように、どうやて、収入を安定させていくのかを工夫していかなければいけません。その方法を少し紹介してみたいと思います。

条件を工夫する

今現在、住居用、事務所用に関係なく、物件に対しての供給量が豊富にあります。そんな中収入を安定させていくためには、借りる人に対して、魅力がある物件だと思ってもらわないといけません。
この魅力を簡単にだせる方法が、家賃とかの、金銭面に関係する条件などを輝かせると言う方法があります。
しかし、収入に関係してくるのでできれば使いたくない方法となるのですが、長い間部屋が埋まらずに収入が全くない時の事を考えると、それよりはマシですし、なんと言ってもインパクトがあって、即効性も出てきjます。
その他の条件面を魅力的にするには以下のような方法もあります。

賃料

★家賃を引き下げる。
★入居してからの何ヶ月かは家賃を無料にして貸し出す。競争が激しい事務所などではよく使われています。
★家賃をまとめて払うと、割引をする。例えば、3ヶ月分や半年分一括で支払いをしたらそのうちの何%は割引にするなど。

契約をする時の一時金

★礼金とか敷金または、保証金辺りの一時期の金額を少なくしたり、一部無料または、全部無料にしたりする
★更新料は無料にする
※礼金とかの一時金ですが、これは昔住宅が不足している時代の名残となっているので、住宅があふれている今の時代では一時金という習慣自体がなくなりつつあります。

不動産会社に報酬を支払う

どう頑張っても、埋まってくれない部屋を埋めてもらう時に、一生懸命に頑張ってもらった場合、コンサル料として、成功報酬を仲介業者に支払いをします。報酬を貰えるので仲介業者も頑張ります。
しかし、宅建業法は守らないといけませんので、注意しましょう。
仲介手数料として支払うのでしたら、貸し主と借り主両方あわせて家賃の1ヶ月分が上限となりますので、気を付けましょう。

このように、条件を色々と工夫をしていく事によって、即効性もあり、インパクトもある物件にしていく事ができます。始めに決めた条件を変更をしていくことはオーナーにとってはとても大きな決断となって勇気が必要となると思うのですが、これ以上キズが広がらないうちに条件面を考えていかないといけません。
このような事にならない為にも、始めの段階で、この物件の適正な家賃をしっかり調べて、利回りをきちんと計算をすることが必要となるのです。

 

check

大阪で結婚写真撮影

Last update:2017/6/8

次へ→

▲ページトップ

 

Copyright c不動産投資.All rights reserved