3,2,1,どかーん!なぜなに不動産投資!

不動産投資のトップ画像

不動産を購入する時に発生する税金

不動産と言うのは、購入をするとき、持っている時、売却をする時、全ての場面で税金が発生してきます。
この税金をきちんと理解しておく事が、不動産投資をする時に重要なポイントななるのです。また、税制と言うのは、その時、その時の経済情勢によって政策的に毎年変更されていきます。不動産投資をするときに有利になる税制改正もありますが、不利になってしまう改正もあるのです。ココでは、不動産投資の時に出てくる税制と不動産投資に及ぼす影響などを、不動産を購入する時に関係する税金を中心にして解説をしていきたいと思います。

不動産を囲む税金

不動産には購入時、持っている時、売却をする時に税金が発生します。
この3つの場面ででのような税金が発生するのかをみてみましょう。

購入をした時

印紙税
登録免許税
不動産取得税
贈与税・相続税

不動産を持っている時

固定資産税・都市計画税
所得税・個人なら住民税
地価税

売却をするとき

所得税・個人なら住民税
法人の場合は土地譲渡益の従価税

Last update:2017/7/31

▲ページトップ

 

Copyright c不動産投資.All rights reserved